A5.修学や就業の際に借りることの出来る「生活福祉資金」の制度があります。