近年、全国各地で自然災害が頻発していますが、高齢者や障がい者、子ども、女性の視点を大切にした防災減災の取り組みが求められています。大規模災害発生時には、性別ごとの仮題がクローズアップされますが、性別・立場による被災の違い、支援物資の男女の需要の差、避難所運営での着替えのスペースや授乳スペースの必要性など、特に女性目線に立った被災状況の把握や支援体制の構築が求められます。
 今回の研修会では、女性視点の防災や減災について焦点をあて、災害時の課題や支援活動のあり方について理解を深めていきます。