社会福祉協議会は、社会福祉法で地域福祉の推進を図ることを目的とする団体として位置付けられており、地域の住民やボランティア、福祉・保健医療・教育等の関係者及び行政機関の参加・協力を得て福祉のまちづくりを進めています。
 鹿角市社会福祉協議会は、昭和52年に法人の認可を受け、地区別に存在していた社会福祉協議会を一本化して、社会福祉法人鹿角市社会福祉協議会として在宅福祉活動を中心とした活動を展開しております。平成12年度からは社会福祉法改正により「公益を目的とする事業」も明確化され、介護保険事業を実施しております。